スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】ロジクール Wireless Keyboard K270

●はじめに

 久々の入出力装置レビュー、本日取り上げるのは、ロジクールから最近発売されたキーボード「Wireless Keyboard K270」(以下「K270」と略す)です。このキーボードは無線製品の中では「エントリー」クラスの製品であり、なんと発売から一ヶ月程度の時点で、ネット通販価格が1910円でした。下手な有線キーボードより安いですね。

 お値段はあまりに安く不安を駆り立てられますが、ところがどうして、意外に悪くないという印象を持ちました。もちろん値段を考えると、の話ですが。以下に示す使用感、レシーバ・電池付きですぐに使える、2000円でおつりが来る、というのは結構凄いことだと思います。

 また、ロジクールお得意の「Unifing」レシーバに対応した無線キーボードであることも特長の一つでしょう。元々省スペースなことに加えて、ワイヤレス・軽量なので移動は自在、パソコンを操作しながらラーメンをすするにあたっても好都合ですね。(軽量なのは剛性上問題ありな部分ですが。まあお値段を考えれば…。) 単四電池を2使用して公称2年持つという省エネルギー性も、今の時期は特に脚光を浴びそうです。

 まあもちろん底辺の製品ですから、絶対的なレベルとしては、特にキーボードの本質に関わる部分で大したことがありません。以下、その点に触れながらK270の紹介をしていきたいと思います。


●そとがわ

k270_gaibu01.jpg

 外観をですね、全部納まるように撮るのは、もう諦めました。キーボードは横長過ぎなので、どうしても4:3の構図に納めようとすると無理が出てきますので。

続きを読む

スポンサーサイト

上座部キーボード

 ここって、1ヶ月更新しないと広告が余分に表示されるんですよね…。あまり内容がない更新はしたくないんですが。(意味ないと思うので。)

 さて、最近思ったのは、いわゆる英語キーボードを使う人って比喩するところの上座部だよな?ということ。母語が英語な人たちは分かりませんが、初めて触ったパソコンのキーボードはおそらく日本語キーボードで、その後英語キーボードに乗り換えました、という人はことごとく上座部という印象ができつつあります。

 こういうのって、少数の声が大きい人がいて、周りの同志がそれを押さえられないと、集団に対してレッテルを貼られてしまうのでかわいそうですよね。でもたとえ良識あってもほったらかしにしていたら仕方ないですよね。

 以上、愚痴でした。

注意:念のためGoogleで検索してみたらビックリした。上記の「上座部」は「保守」ではありません。

モニカはん

 何やら、1ヶ月に1度更新が板に付いてきていますね…。そんな気は毛頭なく、もっと更新したいところなんですが。

 さて、Libertouchでお馴染み、富士通コンポーネントから新たなキーボードが発売されるみたいです。その名も「monicaFC」、「モニカエフシー」と発音する模様。この会社はネーミングセンスがきわめて独特ですね。打ち明けてしまうと格好悪い。

 標準配列(OADG配列でしたっけ?)のキーボードで、通販のお値段が6800円とのことなので、「すわ(しなの富士通がらみで『諏訪?』などと冗談を言いたくなったのは内緒)、5000円キーボードコースの本命か?」かと期待したところ、仕様を確認すると、どうも特定用途向けのキーボードみたいです。

 キーピッチが15mmとのことなので、常用キーボードとして購入するものとは思えません。まあ、標準配列のコンパクトキーボードというのは、それはそれで意義があるものではありますけど、はたして3色も用意して一般消費者に媚びる必要があったのか甚だ疑問です。その割に6800円って一般的には安くないですよね?

 私はオウルテック扱いのミツミ「KEK-EA9AU」というキーボードを持っていて、それがまさしくキーピッチ15mm、横幅35cm程度のキーボードなんですけど、やはりキーが小さすぎるような気がします。指の太さは人によりけりですが、15mmはいくらなんでもね…と。そりゃ打つことはできますけどねぇ…と。子供・女性・キー入力を常用しない端末用?凄いニッチ。だから特定用途向けとした次第。

 109/106標準配列キーボードは、一般的なキーピッチ19mmの場合、だいたい45cmくらいの幅があります。そしてキーピッチを1mm削ると、単純計算で2.2cm幅を狭めることができるんですね。私は以前、18mmキーピッチ・本体両サイドと矢印キー両サイドを切りつめた42cmキーボードを提唱したことがありますが、これくらいが常用キーボードを狙うと限界なのでは?と思います。3cmって、数字だけ見るとたいしたことありませんけど、実際にキーボードが3cm狭まると、かなりのインパクトがありますよ?

 コンパクトキーボードは設置スペースが狭隘な東洋では意義のある存在なんですけどね、どれもこれも自分勝手な製品だよな、と思うのでありました。

Libertouchその後

 1年半ほど前のレビューで絶賛大好評だった富士通コンポーネント(旧富士通高見澤コンポーネント)のキーボード、「Libertouch(FKB8540)」ですが、2年ほど職場で使い続けてどうも気になることが出てきました。

 それは、どうも1年くらい前から、キートップ上の「テカリ」が目立ち始めたという点です。それもよく打つ「a」とかの母音、他に「t」とか「s」とかのキーで顕著です。これはつまりキートップ表面が削れているということですよね?雨だれ岩をも穿つかのごとく、指先キートップをも穿つという。

 ぇえーッ!?このキーボード、2万円近くするんですけど?ついでに、競合の東プレ「Realforce」ではそんなことありませんでしたよ?打つ頻度こそ違えども、もう7年くらい自宅で使っていますが。

 ロングセラーとなりうる素質を十分持っているのに、詰めが甘すぎです。

 キータッチの好き嫌いはあって、個人的にはこのキーボードは最も好み(購入直後の状態で35/55g変更後)なんですが、どうも、人に勧めるとしたら寿命や作りの点でRealforceに軍配が上がりますねぇ。

ロゴマーク(RT6652の場合)

思えばミネベアのRT6652TWJP(CMI-6D4Y6)という3500円くらいのキーボードも、表の見えるところにロゴマークなどはなかったですね。そして高く評価されていました。

結局人々は出てきた物でキーボードを評価しているんですよ。ブランドロゴで評価しているのではない。これは大変健全で良いことのように思われてきます。願うべくはメーカ担当者に早く気づいて貰うことです。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。