スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】Logicool V320 Cordless Optical Mouse for Notebooks

 ブログで写真入り記事を書くのが効率的か、試してみたいと思います。
 例によってハードウェアの検証ばかりです。あしからずや。

●はじめに
 今回取り上げるのは、2007年3月発売の無線式マウス、V320(型番:V-320SV)です。ごらんの通り、何の変哲もない3ボタン+チルトホイールマウスです。強いて言えば、ロジクールのこの時代のV系列なのでモバイル用途ということくらい。単四電池2本で、公称6ヶ月持つとのこと。なので、要件通りに電池を入れた場合、最新のM905(単三電池2本)などと比べても軽いです。

 このマウスは、一応V200の後継機種ということなのですかね?V200も単三電池2本(公称1年)でしたから、要件通りに電池を入れるとV320の方が軽くなります。まあここいら辺は評価が分かれるところでしょうか。M905もV200も実は単三電池1本で動くので、単四→単三マウンタを併用することも含めて、重さの調節ができるマウスですので。(重心がずれるのが難点。)

 あとこのマウスは兄弟機としてV450が存在します。違いは、光学センサーと電池で、V450はレーザーセンサーに単三電池2本、V320はLEDセンサーに単四電池2本となっています。V450は2006年8月発売なので、発売時期的にもお兄さんです。

 気になるお価格は、直販価格4480円、なかなかお高い水準ですね…。ついでに、これよりも1年前に発売されている多ボタンマウスのV400は5980円。半年以上前に発売された兄弟モデルのV450も5980円。モバイル用途ではないですが3ヶ月後に発売のMX620は5980円。(いずれも発売直後の価格) こうしてみると、V450・V320の兄弟は機能の割に結構強気な価格設定だと思われてきます。

 ハッキリ言って文章の説明は分かりにくいので、表にまとめてみました。

モデル発売時期センサー電池種類電池持ち直販価格その他
V2002005/8LED単三2本1年4480円先祖
V4002006/3レーザー単三1本2.5ヶ月5980円多ボタン
V4502006/8レーザー単三2本1年5980円兄弟モデル
V3202007/3LED単四2本6ヶ月4480円今回取り上げるマウス
MX6202007/6レーザー単三2本1年5980円デスクトップ用
M9052009/11レーザー単三2本4ヶ月8980円高級機

 こんな感じです。まあ下の2機種はジャンルが違うので参考程度に眺めてください。いずれも電池の持ちは公称値、直販価格は発売直後のもので、共通な点として10mの無線があげられます。


●そとがわ
v320_gaibu01.jpg
 はい、では外観です。左右対称の形状はV200から続くものですね。これなら左手でマウスを握る人にも受け入れられそうな形です。この形自身は兄弟機V450が元祖で、ロジクール社の中でヒットしたのか、内側の光学センサーやらバッテリやら、レシーバやらを変更しながら、今でもM505というマウスに継承されています。

続きを読む

スポンサーサイト

和製RPG

「『JRPGを改善する10の方法』-海外からの提言」 だそうです。
http://www.inside-games.jp/article/2010/01/16/39893.html

 海外の文化を、自分たちの好きな形に改めさせようとする神経、これが私は理解できません。普通つまらなくて当然じゃないですか、そんなもの。私だって、キャラクターを3D描画で表現するゲーム(元々海外発想ですよね?)は今だに違和感を憶えます。こういうことは12800*7200くらいの解像度が一般的になってからやることでしょう。ちなみに、フルHDの解像度は1920*1080、NHKが研究しているスーパーハイビジョンの解像度でも7680*4320ですので。よろしく。

 まあ、12800の解像度は根拠がない適当な数字ですけど、どうも3D描画によって、かえって細部の表現がいい加減になったような気がするんですよね。風景も気に食わないですが、もっと目に触れることが多いキャラクターにも3D描画となると、どうも作品として破綻を感じてしまいます。横の解像度が12800ドットにもなれば、2D描画と3D描画のディーテイルの差は埋まり、陰の表現とか、距離の表現とか、角度の表現とか、3D描画によるメリットが生きてくるんじゃないでしょうか?(ドットピッチを変えずに画面サイズを変更させてもダメですよ?念のため。)

 ついでに、こういう提言に沿ってゲームが「改善」されたとしましょう。すると「JRPG」というジャンルは消滅し、同じジャンル内で優劣が付くことになるような気がします。先行者はウハウハでしょうけど、やるゲームのジャンルが減って真のゲーマーは困ったことになるでしょうね。先行者とて、市場が縮小して、腕の良い失業者があふれて、雇い入れれば案外自分より有能だったりして、ある時立場がなくなって結局困るんじゃないでしょうか。なんで短期的にしか見ないのやらか…。

 とはいえ、「和製RPG」も改善が必要なのは確かみたいです。最近になって、DS版のドラクエ5をやったのですが、相変わらず片手操作で経験値稼ぎができませんでした。一体、携帯ゲーム機向けのRPGを作って何作目なんでしょう?

続きを読む

Secure Digital?

 長かったな、というのが素直な感想です。(そして以下の文章は、長いな、というのが感想です。)

オリンパス、SDメモリカード対応デジカメを海外発表:
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100108_341017.html
ソニー、SDメモリカード対応デジカメを海外発表:
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100107_340946.html

 どちらも海外での製品ですが。まあデジタル一眼レフではすでにSDメモリ採用の実績があるし、国内で別モデルを用意するのは無駄が多いので、まっとうな判断ができれば、この製品を国内でも発売するでしょう。でもラインの欠落がありそうでイヤですね。消費者に損害を与えて溜飲を下げる勢力がこの世には確かに存在します。この表現はわざと悪くしていますが、言い換えれば稼げるところで稼いでおけみたいな。

 私は以前、SDメモリカードへのソフトランディングシナリオとして、ある段階でSDメモリ・xDピクチャカードに対応したモデルをわざと「それぞれ」用意する、という構想をぶち上げました。(その結果で社内反対勢力を説得する。) まあさすがにそこまでの無駄は各社ともしなかったみたいで、いい加減なことを書いたものだと反省しておる次第です。

続きを読む

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。