スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真で見るロジクール歴代チルトホイール

●はじめに
 エレコムのマウス「M-FG2DL」のレビューの際、ロジクール製品のチルト対応ホイールについて、「世代」を話題にしました。今回は写真を確認しながら、歴代チルト対応ホイールを振り返ってみたいと思います。

 さすがに全部分解して確認したわけではないので、他の方から聞いた話を援用しても、多分網羅はできません。抜けている部分の情報をお持ちの方がいましたら、ぜひお寄せいただければ幸いです。


●第1世代
 ロジクールのチルト対応ホイールは、往年の名器Cordless Click! Plus(CLK-C71)から始まりました。2004年のことです。この世代のチルトホイールは、左右チルトがマイクロスイッチに繋がっていて、非常に押し心地の良い優れたクリック感を実現していました。反面構造が複雑・大がかりで、コストアップ要因だったのでしょう、「さらば光学式」のハイエンドモデルMX1000で大幅に簡素化され、それが最後となっています。


tilt_wheel01.jpg
 ホイールだけ取り出してみると、後ろ側に足が伸びる不思議な構造。

続きを読む

スポンサーサイト

サイトご紹介

 「リンク」カテゴリを追加しました。

 早速、余所サイト様のご紹介です。

 mouseloop
 http://ameblo.jp/hirown/

 マウスを中心に、様々なパソコンネタを取り扱っていらっしゃいます。とにかく写真のクオリティが高いです。ほれぼれするような美しさ。ノイズの少なさ。明るさ。

 センスがある方はうらやましいです…。

ブログ構成変更+今後の予定

 レビューをアップすると、スクロールして過去の記事が読むのが大変になってしまいますね。

 なので長文を隠して、「続きを読む」リンクを表示するようにしてみました。本当は、一定文字数を超えると自動的に折りたたんで貰いたいのですが、どうも文章を分けて手動で別々の入力フォームにアップしないといけないみたいです。

 さて。

続きを読む

【レビュー】ELECOM MICRO GRAST M-FG2DL

●はじめに

 本日ご紹介するマウスは、エレコムのチルト対応多ボタンマウス「MICRO GRAST M-FG2DL」です。ロジクール以外の商品を紹介するのは、凄い久しぶりですね。調べてみると、2008年1月の富士通コンポーネントのキーボード「Libertouch(FKB8540)」以来、マウスに絞れば、なんとビックリ!Webサイト創設当初のエレコム5ボタン有線マウス「M-F5UB」以来となる模様です。(約6年ぶり…。)

 理由は、まともなマウスが発売されないからで、店に行けば星の数ほどマウスが並んでいるくせに、多ボタン・チルトホイール・無線というマウスになると、グッと絞られてしまうからです。結局ロジクールかマイクロソフトに落ち着いてしまうんですよね。甚だ遺憾ではありますが。

 それにしても、毎度毎度のことながら、あの星屑みたいなマウスたちは一体何なんでしょう?有線2ボタン・チルトしないホイールのマウスなんて、デスクトップパソコンを買うともれなく付いてくるマウスを交換してまで使う価値のあるものなんでしょうか?ノート用?故障時の代替需要?それだけのために、あんな有象無象のあだ花が百花繚乱の狂い咲きをしているんですか?(売り場での多色展開や、塗装のはげた展示品を目の当たりにすると、本当に爛熟ぶりが目に付きますよ。)

 そんな中でこの「M-FG2DL」。飛距離10mの無線・レーザセンサー・5ボタン・チルトホイール・極小レシーバというスペックを持っています。実は、今は個人的に6ボタン欲しいところなのですが、久々に購入しても良いかな?と思えるマウスでした。常用しなければいいかな?とか、そもそも普通の人は5ボタンで十分かもしれない…(購入相談の際に選択肢になれば…)とか、いろいろ考えて試してみることにしました。

 お値段は、登場時(2009年4月下旬)の定価が7000円弱。現在約6000円。おかしいですね、発売後1ヶ月後にネット通販で購入したときは、3800円くらいでした。何ですかこの乖離は。今kakaku.comで確認すると、最安値2800円、平均3800円というところ。これだとライバルはロジクールのM505・マイクロソフトのWireless Notebook Laser Mouse7000あたりですか。M505は、おまけボタンがないもののUnifyingレシーバという特徴、M$の7000は不明ですがレシーバが比較的大きく、傾向的に多分ボタンのスイッチやホイールに一癖あるでしょう。M-FG2DLは、エレコムながらそれなりに戦える存在だと思います。


●そとがわ

m_fg2dl_gaibu01.jpg
 マウス外観です。おまけボタンは親指の部分にあります。チルト対応ホイールなので、ホイールの両側に<>の刻印があるのが見て取れます。

続きを読む

サウンド環境

 メイン機のサウンド環境のお話です。

 実は、今サウンドカードを利用していません。ん?オンボードサウンド?さにあらず、メイン機のマザーボードはなんとオンボードでサウンド機能を備えていないのです。そして、PCIスロットは3.3Vのみという…。(まあ有名なので何を使っているかお分かりになる方も多いはず。) これでは過去に隆盛を極めたPCIサウンドカードを利用することができません。

 PCI Expressのカードの購入も考えたのですが、少し探してみたところ、いにしえの「SP410D」のようなコストパフォーマンスに優れたカードは見つかりませんでした。予想はしていたものの結構ガッカリな結果です。縄文式土器よろしく、ものごとは最盛期を過ぎると後退するものなんですね。


se_u33hub_01
 結局ダメ元で繋いでみたのがこれ。

続きを読む

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。