スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャニスター型掃除機

 なんか、家電を取り上げることが増えていますね。

 今回は実家の家電リプレースではなく、市井の家電レビューを受けてのものです。

長期レビュー 無印良品「紙パック式ヨコ型掃除機 SC-MJ500」
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/longreview/2010_0703/20100714_380380.html
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/longreview/2010_0703/20100721_381894.html
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/longreview/2010_0703/20100729_383882.html

 以前、やたら重くそのくせに集塵力が弱いスティック型の掃除機を勧める松下(現パナソニック)の担当者の言と、それを垂れ流すだけのメディアを斬って捨てたことがありますが、一般的なキャニスター型の掃除機にも不満があります。今の掃除機は全体的に重すぎです。

続きを読む

スポンサーサイト

広義SIMロック解除論

 ほう、携帯電話のSIMロックを解除ですか。

ドコモ、来年4月から全端末にSIMロック解除機能を導入へ
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1007/06/news054.html

 1日経ってもインプレスがなぜか報じないのが気になります。

続きを読む

独活の冷蔵庫

 今回も省エネ家電です。最近、実家の冷蔵庫(22年もの)のリプレースを検討したときに、各社のカタログを穴が開くほど読んでみました。すると各社横並びで不思議な現象が目に付くではありませんか。

 どういうわけか、容量の大きな冷蔵庫の方が時として省エネ性能が優れているのです。例えば、某P社の冷蔵庫は、427Lの製品が2種類存在して、290kWh/年と350kWh/年。対して365Lの製品も2種類存在して、390kWh/年と420kWh/年。ついでに600Lを越えるものが、350kWh/年と380kWh/年。(もちろん全てカタログ値) 冷やすものの量が増えれば、それだけエネルギーを消費するのが本来は普通です。

クラス製品1消費電力製品2消費電力
603L350kWh/年380kWh/年
501L280kWh/年330kWh/年
427L290kWh/年350kWh/年
365L390kWh/年420kWh/年
321L380kWh/年なし

続きを読む

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。