スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】ロジクール Wireless Keyboard K270

●はじめに

 久々の入出力装置レビュー、本日取り上げるのは、ロジクールから最近発売されたキーボード「Wireless Keyboard K270」(以下「K270」と略す)です。このキーボードは無線製品の中では「エントリー」クラスの製品であり、なんと発売から一ヶ月程度の時点で、ネット通販価格が1910円でした。下手な有線キーボードより安いですね。

 お値段はあまりに安く不安を駆り立てられますが、ところがどうして、意外に悪くないという印象を持ちました。もちろん値段を考えると、の話ですが。以下に示す使用感、レシーバ・電池付きですぐに使える、2000円でおつりが来る、というのは結構凄いことだと思います。

 また、ロジクールお得意の「Unifing」レシーバに対応した無線キーボードであることも特長の一つでしょう。元々省スペースなことに加えて、ワイヤレス・軽量なので移動は自在、パソコンを操作しながらラーメンをすするにあたっても好都合ですね。(軽量なのは剛性上問題ありな部分ですが。まあお値段を考えれば…。) 単四電池を2使用して公称2年持つという省エネルギー性も、今の時期は特に脚光を浴びそうです。

 まあもちろん底辺の製品ですから、絶対的なレベルとしては、特にキーボードの本質に関わる部分で大したことがありません。以下、その点に触れながらK270の紹介をしていきたいと思います。


●そとがわ

k270_gaibu01.jpg

 外観をですね、全部納まるように撮るのは、もう諦めました。キーボードは横長過ぎなので、どうしても4:3の構図に納めようとすると無理が出てきますので。

続きを読む

スポンサーサイト

ご飯を増やせよ

 お、お○○だ。果てしないお○○やもしれぬ。

吉野家が肉と米のバランスを変更。
http://www.youtube.com/watch?v=v1tPEyAf190

 動画へのリンクは初めてかもしれません。いや~しかし、もうダメかもしれん。予想が当たれば吉野家がダメ、予想が外れれば私がダメです。

続きを読む

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。