スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャニスター型掃除機

 なんか、家電を取り上げることが増えていますね。

 今回は実家の家電リプレースではなく、市井の家電レビューを受けてのものです。

長期レビュー 無印良品「紙パック式ヨコ型掃除機 SC-MJ500」
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/longreview/2010_0703/20100714_380380.html
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/longreview/2010_0703/20100721_381894.html
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/longreview/2010_0703/20100729_383882.html

 以前、やたら重くそのくせに集塵力が弱いスティック型の掃除機を勧める松下(現パナソニック)の担当者の言と、それを垂れ流すだけのメディアを斬って捨てたことがありますが、一般的なキャニスター型の掃除機にも不満があります。今の掃除機は全体的に重すぎです。

 私はキャニスターの掃除機でも本体を片手で「持って」かけ始めます。これから掃除しようと思っている床の埃を巻き上げられてはたまらないからです。「ならスティック型にすればいい」とおっしゃる御仁もいるかもしれませんが、スティック型はブラシの幅が狭いことが多く手間が増え、またこれはこれで重い製品が多いため、ブラシを横にずらすのが大変です。

 「ブラシを横にずらす」という行為が想像できませんか?進行方向に動かしながら少し手首に角度を付けると、確かに自然と横にブラシはそれます。しかしながらこれでは「助走」に相当する部分に無駄がありますよね。本当に、今の位置からブラシの幅分そのまま横にずらしたい、ということが人生ではしばしばあります。こういうとき、スティック型の掃除機で片手で操作するのは非常にしんどいのです。おまけにキャニスター型に比べて集塵力は低い、ゴミを貯める量が少ない、はぼきを利用することができないと、デメリットばかりが目に付くように感じます。

 高級品はブラシにモーターが付いていて、真っ直ぐ押したり引いたりする分には軽いです。しかし、重ね重ねブラシを横にずらしたい場合、これまたモーターの重さが無駄に感じられてなりません。時には電源を入れずブラシも設置させずに移動したい場合もあるでしょう。(←いや、畳の部屋など掃除が終わった後は普通の状況ですよ。) こういうときに、ブラシに内蔵されたモーターなど、何の役にも立ちません。重くなる分かえって邪魔なだけです。ついでにモーターは通常振動に弱いものなんですが、ボコボコぶつかる可能性がある掃除機のブラシに内蔵して、初期不良保証を含む保証が切れた後大丈夫なんでしょうか?

 上記問題はキャニスター型でも言えますね。おまけに、高級品ほどホースやパイプが重くなるような気がします。ワンタッチで取り外せる機構を付けている場合ではないのです。

 というわけでキャニスター型。これもかなり退廃的爛熟掃除機があふれています。サイクロン式で、でもフィルターが必要で、ちゃんと掃除してくださいとか(掃除機の掃除?)、自動掃除機構を付けましたとか。他にもフィルターの掃除がいらないけど音が凄いとか、毎回ゴミを捨てねばならないとか。これら全てが私は理解できません。掃除機をかける都度吸い取ったゴミを捨てている姿が想像できます?余計な機構を付ければ付けるほど故障する可能性は高まりますよね?そもそもなんで紙パックじゃダメなの?と。フィルターも層を厚くすると排熱に難が出てこないものなんでしょうか?

 例えば今までと同じ能力で軽くなったとか、ゴミを貯める量は変わらずに小さくなったとか、信頼性は変わらず省エネになって排熱量が減ったとか騒音が減ったとか、そういう根本的な進化なしに何をコロコロとモデルチェンジしているのでしょうか?すごい無駄な作業じゃないですか?

 さて、最後にレビューです。どうもいくつか掃除機のレビューを読んでいて思ったのですが、皆さん掃除をしないのでしょうか?私も学生時分はいい加減なものでしたが、会社勤めをするようになり、一人暮らしをするようになると、ほとんど周期的なハウスキーピング作業の一貫として行うようになりました。2DKの間取りで、部屋1つとダイニングキッチンは毎週の掃除機がけを原則として、残りの部屋の掃除機がけは風呂・トイレ掃除と交互に行うような案配です。

 狭い部屋でも毎週使うとなれば、おもちゃみたいな掃除機では使い物になりません。かといって重い高級品でも上記のように取り回しにくく使い物にならず、結局今回のレビューで取り上げた製品のOEM元の旧製品を利用しています。

三洋電機 「SC-WR5F」
http://products.jp.sanyo.com/products/sc/SC-WR5F_L/index.html

 2006年の製品ですがまあ満足です。そして、今の製品はどれくらい進化しているのやら?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。