スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ王追悼の儀

 結局日清「ラ王」はリニューアルという認識で良いのでしょうか?

 同じくゆで麺を使った「Spa王」がどうなるのか大変気になるところですが、それについて言及したWebメディアは全くないみたいです。ほっほっほっほっ……。

 さて、92年登場の「ゆで麺」ラ王、当時少壮だった私は、乾坤ひっくり返るほどの衝撃を受けたものでした。「本当に生みたいジャン!」と、それはそれは興奮したものです。

 その後18年の時を経て完全リニューアル。90年代後半から春秋時代を迎えたカップ麺としては、非常に長寿であり、成功した商品として考えても間違いはないでしょう。ゆで麺ラ王の退場は寂しくもありますが、次に来たる乾麺ラ王がどの程度なのか、今から大変楽しみです。

 Web界隈では早い復活に怨嗟の声も聞かれます。ただマスメディアの取り上げ方は愚かの極みというものですね。まったく将来の予想もせずにプレスリリースを垂れ流すだけ流しておいてカラ騒ぎに荷担し、大本営の手のひらを返すようなマーケティングにしてやられて浅はかの極みを反省することなく、よく妬むような内容で記事を一本したためられますな、と呆れ感心することしきりです。

「ラ王」わずか1カ月で早すぎる復活…ファンのお怒りも
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/432167/

 同じサンケイグループの記事には、「ウラ事情」としてゆで麺ラ王の退場を解説する記事もあるのに、結局真の主な理由と思われる「リニューアル」については何ら言及できておらず、一体何を取材して記事にしたのか、木鐸たるマスメディアとして底の浅さに辟易とさせられます。

「日清ラ王」消える 生産中止、衝撃ウラ事情
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/421925/

 だいたい、記事中の「“日本一ラーメンを食べた女”」という女史は何者なんでしょう?何が偉い?結局何を観察してきた?何の識者?記者はこんな人を使ってよく記事にできますね?

 はっきり言って、私だって"日本一マウスを分解した男"であり、多分世界一・宇宙一ではないかと心中誇るところでありますが、こんなに恥ずかしい取材不足に基づく「ウラ事情」を説明して表に出たいとは思えません。こういう痛い男で記事にしたいと思う猛者もいないことでしょう。こうみんなで茶番を演じて馬鹿騒ぎに興じるのは何の事情あってのことやら…?

 とにかく今後の問題は、前述した通り、Spa王やごんぶとなどのゆで麺を利用した高級カップ麺がどうなるかですよ。乾麺に移行したりしなかったり。ここに技術的な「ウラ事情」が透けて見えるに違いないと私は考えます。そしてその先にあるのが蕎麦ですか。ここに残る取材力を結集しないことには、メディアの関係者たちは時間をかけて禄を潰して一体何やってんだろう?と彼らの存在意義に関わってきます。取材できないならマスメディアの世界から静かに退去すべきです。

【追記】
 あと、気になる点として、旧ラ王は麺こそ終始ゆで麺だったものの、具材の内容は時代とともに変化していませんか?気のせいかもしれませんが、ある時期チャーシューなどの加薬が、レトルトだった時代もあるような気が薄ぼんやりとあります。一方で、滅びる直前の旧ラ王の具材は、乾燥加薬だったような気がほのかにします。

 もしもこれが正しいとしたら、旧ラ王の退場は質の低下による販売不振が原因の一つとしてあったのではないかと?こういう場合、大本営としては「技術の向上によりフリーズドライでもレトルトと同等の質が…」と喧伝するところですが、マスメディアが取り上げるべき実際の理由は吉野家が過去に潰れたのと同じ「質の低下」にあります。その背景はデフレでも原材料価格高騰でも適切な分析ができるでしょう。

 こういう言及がないのは、結局記事をこしらえる人たちは、日本一ラーメンを食べた程度の女も含めて、みんな畢竟ラ王やカップ麺のことなどどうでも良いからなんでしょうね。にもかかわらず、取材不足を反省することなく、大衆に共感する素振りを見せてさらに一本上げるなどに至っては、プロとして誠に恥ずかしい限りです。

【更なる追記】
『オールフリー』『ゴパン』…「売れすぎて販売休止」の裏事情
http://bunshun.jp/shukanbunshun/thisweek_int/100909.html

 もうね、底の浅い「裏事情」特集はやめなさいよ。こちらは「ハングリー・マーケティング」なんかを取り上げていますが、メーカはもちろん否定します。当然です。では、次に気になるのは「販売計画の見通しの甘さの責任」だと思うのですが、何ら取り上げていません。普通、売れ筋商品の販売機会損失があれば、担当者は処分を受けるものです。果たしてどうだったのか?別に個人名を挙げろと言っているのではなく、この事実関係からメーカが喜んでいるのか実際のところが分かるじゃないですか?これは個人の知識ではなく、大本営広報部の発表だけでもなく、取材に依る必要があるでしょう。

 なんか識者に話を聞いて、広報担当に話を聞いて、それで記事を上げてしまおうという図式が定着していませんか?こんな濡れ手で粟を掴むようなことを繰り返していると、いつか粟だと思ったら落ちたばかりの栗だったなんてことになりかねませんよ?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。