スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Libertouchその後

 1年半ほど前のレビューで絶賛大好評だった富士通コンポーネント(旧富士通高見澤コンポーネント)のキーボード、「Libertouch(FKB8540)」ですが、2年ほど職場で使い続けてどうも気になることが出てきました。

 それは、どうも1年くらい前から、キートップ上の「テカリ」が目立ち始めたという点です。それもよく打つ「a」とかの母音、他に「t」とか「s」とかのキーで顕著です。これはつまりキートップ表面が削れているということですよね?雨だれ岩をも穿つかのごとく、指先キートップをも穿つという。

 ぇえーッ!?このキーボード、2万円近くするんですけど?ついでに、競合の東プレ「Realforce」ではそんなことありませんでしたよ?打つ頻度こそ違えども、もう7年くらい自宅で使っていますが。

 ロングセラーとなりうる素質を十分持っているのに、詰めが甘すぎです。

 キータッチの好き嫌いはあって、個人的にはこのキーボードは最も好み(購入直後の状態で35/55g変更後)なんですが、どうも、人に勧めるとしたら寿命や作りの点でRealforceに軍配が上がりますねぇ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。